汗のお悩み、解決します!

多汗症の特徴や予防に関する注意点について

人の体は温度変化や緊張を感じた際に体温を調節する目的で発汗しますが、稀に体温調節の必要が無い状況でも大量に汗が湧き出ることがあります。
多汗症は気温変化や精神状態に関係無く大量に発汗する疾患の一種で、放置すると体臭に悩まされたり脱水症状に見舞われるケースもあります。
多汗症は精神に大きな負担が生じることで発症するのが定説となっていることから、毎日の生活の中でリラックスした状態を維持することが効果的な予防法です。
薬剤の投与によって精神安定を図る方法もありますが、個人の体質によっては体調不良などのトラブルに見舞われることもあるので事前の検査が不可欠になります。
また、毎日の生活の中で気づかないうちに精神面での疲労や負担が蓄積されてしまうこともあるので、自身の生活を見直して十分な休息を取るように心がけることも大切な予防法です。
他者と接する機会が多い現代社会では多汗症は見栄えが悪く、相手に不潔な印象を与えてしまうデメリットがあります。
そのため、医療機関で適切な処置を受けながら正しい知識を持って再発の予防に努めることが社会的なマナーです。

毎日の食事で多汗症を改善する食べ物

夏になると汗をかいて肌がベタベタになって気持ち悪くて嫌だ、誰もが感じることですが多汗症の人はそれを1年中感じていて、それに伴う臭いなどの諸問題に悩まされています。
実はこの多汗症、食事に気をつけることで多少改善できることをご存知でしょうか?例えば豆腐やおからや納豆といった大豆製品にはイソフラボンが含まれていますが、汗をかきやすい部分からの発汗を抑えるなどの効果があり病院でも奨められている程です。
また、異常な発汗は交感神経の乱れが主な原因ですのでその乱れを抑えるという意味でも、副交感神経に作用するハーブティーは効果的です。
嫌いでなければ食事の際に取り入れてみるのも良いかもしれません。
また、アロマテラピーなどの香りも副交感神経に作用しますので生活の中に上手く取り入れることで発汗の機会を減らせるのではないでしょうか。
その他にもキュウリやトマト、ナスなどの夏野菜は体温の上昇を抑えてくれますので積極的に摂取していくと良いでしょう。
1つ気をつけたいのは、カフェインが汗腺を刺激するということです。
コーヒーやお茶、栄養ドリンクに含まれているので摂取は控えるに越したことはありません。

Favorite

2017/6/16 更新

↑トップに戻る